調査レポート 1〜10件(94件)
1〜10件(94件)
2020/10/30 17:20

 総合住宅展示場の企画・運営を行うファジー・アド・オフィスは10月30日、総合住宅展示場への来場申し込み件数が7月からの3ヶ月平均で前年同期比約4倍に増加していたと発表した。昨年対比では381.1%で…続きを見る

関西大学:26%が避難所としてホテルを選択

 関西大学は10月27日、9月に発生した台風10号接近時に自宅以外の場所に避難した人は全体の13%だったとの調査結果を発表した。避難場所としては指定された避難所のほか、ホテルや避難所等が挙げられたとす…続きを見る

コロナ:石油ファンヒーターとエアコン併用の有用性調査

 給湯・暖房機器メーカーのコロナは10月23日、新生活様式において需要が高まる“換気“の寒さ対策として、石油ファンヒーターとエアコンの併用の有用性について室温の復帰時間を調査した。その結果、エアコン単…続きを見る

リンナイ:入浴に関する全国47都道府県別意識調査

2020/10/23 10:00

 リンナイは、入浴に関する意識を探るべく、全国20~60代の男女計2,350名を対象に調査を実施した。監修は、20年に亘り入浴を医学的に調査し、研究を重ねる東京都市大学の早坂信哉教授が行った。 …続きを見る

プレハブ建築協会:プレハブ戸建でZEH比率50%超達成

2020/10/16 17:06

 プレハブ建築協会は10月14日、19年度の完工プレハブ住宅は18年度比10%減の13.5万戸だったと発表した。このうち長期優良住宅は約30%、ZEHは約51%となった。  今回発表した『プレハ…続きを見る

ヒノキヤ:発泡断熱材に「経年劣化は見られない」と発表

 ヒノキヤグループと子会社の日本アクアは10月7日、既設の展示場において日本アクアが提供する発泡断熱材の劣化が見られなかったと発表した。  対象物件は建物完成から7年10カ月と11年6カ…続きを見る

住団連:実態調査で「ZEHにしなかった理由」明らかに

 住宅生産団体連合会は9月16日、今年で20回目となる19年度『戸建注文住宅の顧客実態調査』を公表。主要都市圏における住宅購入者の世帯主年齢や住宅取得費、種類、ZEHに対する検討有無などを明らかにした…続きを見る

インテージ:在宅勤務日数増加により7割が光熱費増

2020/9/11 14:34

 インテージと住環境計画研究所は9月9日、2652名を対象に実施した新型コロナに伴う外出自粛が家庭のエネルギー消費やライフスタイルに与えた影響についての調査結果を発表した。  第1報として、就業…続きを見る

NCN:地震発生時「安全に在宅避難できる」30%に留まる

2020/9/9 17:12

 エヌ・シー・エヌはこのほど、耐震や地震に対するアンケートの結果「在宅避難の必要性を感じる(65%)」とする一方で、3割しか自宅で安全、安心に過ごせる自信がないとした。  今回、全国47都道府県…続きを見る

セコム:8割以上が老後に不安抱えるも半数対策せず

2020/9/9 17:02

 セコムは9月8日、対象者全体の8割以上、特に50代女性の9割が老後に不安を感じていると発表した。不安要素は「病気・ケガ」「経済的な負担」「介護」とする。  同社は6月23日から24日の2日間、…続きを見る

1〜10件(94件)