テクノロジー 1〜10件(36件)
1〜10件(36件)
3/30 14:00

 クラッソ-ネは4月1日、住宅の解体を希望する施主と工事会社のマッチングサービスの提供を開始する。成約手数料として10%が工事会社の利用料となる。年内に月間利用者数2,000名を目指す。 …続きを見る

島津製作所、リチウムイオンの状態変化解析システム発売

 島津製作所は3月10日、リチウムイオン電池正極材向け化学結合状態解析システムを発売した。正極材でのリチウムイオンの移動による状態変化を定量値で把握できる世界で唯一の製品としている。6,250万円(税…続きを見る

埼玉工業大学、太陽光発電とレドックスフロー電池を連動

 埼玉工業大学は3月11日、太陽光発電とレドックスフロー電池を連動させた電力需給システムの実証実験を開始する。  実験では同大学ものづくり研究センターに新設したバナジウム系「レドックスフロー電池…続きを見る

スマートミラー活用したWEB問診サービス登場

 等身大のスマートミラーを提供するジーエルシーは2月27日、flixyと協業。医療機関向けWEB問診システムと連携を開始する。  WEB問診システムの『メルプWEB問診』は患者が記入した問診内容…続きを見る

トイレの臭いで腸内細菌の活発度計測

2/25 20:00

 AuB(オーブ)と京セラ、京都パープルサンガは2月25日、腸内環境の解析データを用いて人の健康維持やアスリートのパフォーマンスを向上を目的とした共同研究契約を締結した。  共同研究では…続きを見る

二次電池の高容量化を可能とする加圧電解プレドープ技術

 東京大学の研究グループは2月21日、二次電池の高容量化を可能とする加圧電解プレドープ技術の開発に成功した。  同技術を活用すると、不可逆容量の原因である負極活物質の固体電解質界面層形成を電池の…続きを見る

日本触媒、カーボン-亜鉛ハイブリッド蓄電池 開発

 日本触媒は2月19日、「亜鉛電池用セパレータ」と「亜鉛負極」に活性炭を組み合わせることで新たな亜鉛蓄電池「カーボン-亜鉛ハイブリッド蓄電池」を開発した。  主な構成要素は水・炭・亜鉛と豊富な資…続きを見る

NEDO、脱炭素化コスト 毎年1,000兆円規模と試算

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2月14日、気候変動問題の解決に向けた技術開発の在り方や目指すべき方向性などをまとめた「持続可能な社会の実現に向けた技術開発総合指針2…続きを見る

日本触媒、全固体ポリマー電池用電解質膜を高性能化

 日本触媒は2月13日、全固体ポリマー電池用電解質膜の高性能化に成功した。  ポリマー電解質を用いた全固体電池は、有機溶媒を用いず高温で安定なことから長寿命、高安全性などの特徴がある。一方で、ポ…続きを見る

VRで防災訓練!?イベント向けにレンタル開始

 アイデアクラウドは2月12日、VRを通して火災や地震体験が可能なキットのレンタルを開始した。  同社はこれまでVRを用いた火災体験や地震体験などのサービスを自治体や企業の防災訓練な…続きを見る

1〜10件(36件)