情報通信 1〜10件(31件)
1〜10件(31件)

 IoTテクノロジーを活用して新しい見守りサービスを提供しているottaは6月3日、家族と会話できるスマート防犯ブザーが、公益社団法人日本PTA全国協議会推薦商品に認定されたことを発表した。   …続きを見る

エコーネットコンソ:ECHONET Lite製品、出荷数1億超

2021/6/3 11:00

 エコーネットコンソーシアムは6月2日、2013年度から2020年度までのスマートメーターを含むECHONET Lite規格対応商品の累計出荷台数が1億1,234万台を達成したことを発表した。 …続きを見る

アンドパッド:CSTと協業、住宅企画~支払までDX化提供

2021/6/2 11:00

 クラウド型建設プロジェクト管理サービス『ANDPAD』を運営するアンドパッドと、住宅営業支援サービス『ALTA』を運営するコンピュータシステム研究所(以下、CST)は6月2日、住宅業界の生産性向上…続きを見る

自動車メーカー5社:車載通信領域の共通化に合意

 スズキ、SUBARU、ダイハツ工業、トヨタ自動車、マツダの5社は4月27日、より安全で快適なコネクティッドサービスの早期提供に向けて、次世代の車載通信機の技術仕様を共同で開発し、通信システムの共通化…続きを見る

河村電器産業:DX推進委員会を設置

 河村電器産業は4月1日、人手不足や働き方改革へ対応しながら事業活動を進めるべく、DX推進委員会を設置した。伴覚守常務執行役員DX戦略担当を責任者とし、初年度は約5億円を投じる予定。デジタル技術による…続きを見る

エナジーゲートウェイ:節電・防災図る見える化アプリ

 東京電力グループのエナジーゲートウェイとAIによるエネルギーデータの分析やセンサーの設計・開発等を手掛けるインフォメティスは3月31日、家庭の消費電力などをスタイリッシュな画面で見える化するアプリを…続きを見る

国際航業:浸水データ共有で早期損害状況の把握へ

 国際航業は4月、日本損害保険協会(損保協会)と連携し、大規模水災時に被害地域における「浸水の深さ」の推定データを損保協会会員各社へ提供する取り組みを開始する。  国際航業が提供する浸水深推定デ…続きを見る

アズビル&東光高岳:エネマネ領域の協業事業について

2021/3/16 17:00

 アズビル、アズビル金門、東光高岳ならびに東光東芝メーターシステムズの4社は、両グループによる協業の進捗状況と新たに定めた協業事業コンセプト「DX-EGA」(ディーエックス・イーガ)について発表した。…続きを見る

住友三井オートサービス:SmartDrive社へ出資

2021/3/5 17:00

 住友三井オートサービス(SMAS)は3月4日、モビリティに関するアプリケーションや車載デバイスの提供およびデータ収集・解析を行うスマートドライブ(SmartDrive)が実施する、第三者割当による増…続きを見る

中電ミライ&三菱商事:新会社で暮らし密着サービス展開

 中部電力ミライズと三菱商事は2月24日、見守りや子育て支援、食や健康などをテーマにくらし全般のサービスを提供する新会社、中部電力ミライズコネクトを4月に設立することを決定した。  新会…続きを見る

1〜10件(31件)