研究機関 1〜10件(47件)
1〜10件(47件)
2020/8/18 11:21

 物質・材料研究機構は8月12日、リチウム空気電池の充電電圧が放電時に生成される過酸化リチウムの結晶構造の乱れが大きい方が、より低い電圧で充電できると発表した。今回の成果は充電電圧を抑えるための重要な…続きを見る

岡山大学:蓄電池過充電時の金属析出メカニズム解明

2020/7/31 13:00

 岡山大学大学院自然科学研究科・後藤和馬准教授、物質・材料研究機構(NIMS)先端材料解析研究拠点・端健二郎主幹研究員の研究グループは7月30日、蓄電池過充電時の金属析出メカニズムを解明したと発表。発…続きを見る

NEDO:太陽光主力電源化に向け44テーマ採択

2020/7/30 13:00

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7月30日、再エネの主力電源化に向け太陽光発電技術開発を加速。セル・モジュール・システムにおける44テーマを採択した。     …続きを見る

群馬大学:ベンチャー企業設立、自動運転の実装目指す

 群馬大学は7月29日、大学発ベンチャー企業として日本モビリティを設立したと発表した。自動運転の社会実装及び無人移動サービスの導入を支援していく。  同社は小木津武樹准教授のもと研究を行っていた…続きを見る

【News Release】電気安全環境研究所:JETにて測定された太陽電池変換効率値が世界最高効率値として登録

2020/7/17 12:00

発表日:2020年7月17日 発表者:一般財団法人電気安全環境研究所 表 題:JETにて測定された太陽電池変換効率値が世界最高効率値として登録されました この度、学術論文誌「Progress…続きを見る

産業技術総合研究所:中型自動運転バスで実証実験

 産業技術総合研究所は、滋賀県大津市・兵庫県三田市・福岡県北九州市・茨城県日立市・神奈川県横浜市の5地域で中型自動運転バスによる実証実験を開始する。          産総研は経済産業省・国土…続きを見る

パナソニック:全固体電池内部のLi観測技術を開発

2020/7/9 12:00

 パナソニックは7月9日、ファインセラミックスセンター(JFCC)および名古屋大学未来材料・システム研究所と共同で、透過電子顕微鏡法と機械学習を用いて、バルク型および薄膜型の全固体電池内部のリチウムイ…続きを見る

シャープ:電気自動車用太陽電池パネル、充電ゼロに一歩

2020/7/6 12:00

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とシャープは7月6日、世界最高水準の高効率な太陽電池パネル(変換効率31.17%)と同等のセルを活用し、電気自動車用太陽電池パネルを製作。年間の外部電源…続きを見る

大東建託:筑波大学とモビリティ×住宅分野で共同研究

 大東建託は6月25日、筑波大学と「モビリティ・イノベーションと居住環境向上に関する共同研究」を開始した。自動運転サービスの事業化に向けた基礎的な研究に取り組んでいく。大東建託グループでは今後、入居者…続きを見る

NEDO:コロナ禍後に期待されるイノベーションとは?

2020/6/24 17:00

 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は6月24日、『コロナ禍後の社会変化と期待されるイノベーション像』を公表した。レポートではコロナ禍により「人と人との緊密なコミュニケーションが時として制…続きを見る

1〜10件(47件)