インタビュー 1〜10件(80件)
1〜10件(80件)

 昨今の想定外の連続大災害を受け、内閣府では19年5月から避難指示・勧告の情報に5段階の“警戒レベル”を導入した。10月の台風19号では各地で全員避難の「レベル4」、命を守る行動の「レベル5」の警報を…続きを見る

天領木:県産材活用で地域と連携しZEH推進

 県産材の活用や健康・省エネなど高性能に拘る天領木(荒川政勝社長)は、設立当初よりZEH水準の住宅を標準化し提案し続けてきた。他の地場ピルダーと比べ、棟単価は高額であったが、拘りを貫いてきたことで、今…続きを見る

SAN NEXAS:堅実な戦略と商圏拡大で8億円越え、倍増収益を志し来期15億円を標榜

 太陽光発電、蓄電池、オール電化関連機器販売店のSAN NEXAS(神戸市、笹川直樹社長)は、今年で創業3年目を迎え、4月期決算の売上高で前年比倍増の8億円を超えた。堅実な営業で順調な滑り出しを見せた…続きを見る

エネファーム 普及進まぬ2つの理由

 発電と給湯の二役を担うエネファームは、国が掲げるロードマップにおいて、2020年頃に市場自立化を実現した上で、2030年までに530万台の導入を目指している。しかし、現状は19年12月時点で累計約3…続きを見る

五光ハウジング:3電池連携の防災型分譲プロジェクト始動、無電柱化で意匠性にも配慮

 神奈川県藤沢市に本社を置くZEHビルダー、五光ハウジング(石山辰巳社長)は、約30棟/年ペースで高性能住宅を手掛けている。このうち80%は分譲事業であるにも関わらず、19年度のZEH実績は25%と積…続きを見る

ライフサービス:スマエネ機器設置工事、累計2万件以上 “小型・軽量”蓄電池で 更なる施工実績拡大へ

 大阪府岸和田市に本社を構え、太陽光発電や蓄電システム、エコキュート等のスマエネ機器の請負施工から断熱・外構・水廻りリフォーム等まで行う地域密着型の施工店ライフサービス(内田滋雄社長)の蓄電池施工実績…続きを見る

ゾネン:独・蓄電システム大手、 VPP技術とセットで日本進出

 石油世界最大手の英蘭ロイヤル・ ダッチ・シェルの子会社で、欧州トップシェアを誇る蓄電システムメーカー独・ sonnen(クリストフ・ オスターマンCEO)が、日本の電力事業者に向け、同社製蓄電システ…続きを見る

CLUE:ドローンベンチャーの挑戦 住宅太陽光メンテの救世主なるか!?

 住宅太陽光メンテの救世主となるか。ドローン関連事業を手掛けるCLUE(クルー、阿部亮介社長、資本金3.7億円)は19年4月より赤外線カメラを搭載したドローンによる建物点検ソフトの提供を開始。消費者庁…続きを見る

池田建設:経営好転したゼロエネ建築、地域性強化にパッシブ設計提案も加速

 茨城県で年間20棟規模を供給する池田建設(池田泰裕社長)は、ローコスト住宅からゼロエネ建築に切り替えたことで、ユーザー満足度アップ、紹介受注率アップ、売上高アップの好循環ビジネスを続けている。無論、…続きを見る

北欧リチウムイオン電池スタートアップ、2021年本格生産開始ヘ

 環境先進国として知られるスウェーデンで、製造段階から化石燃料を利用しないク ーンバッテリーの普及を目指す新興リチウムイオン電池(LIB) メーカーがある。Northvolt(ノースボルト)である。い…続きを見る

1〜10件(80件)